ふに三昧☆猫だらけ~くな&ぴゅる&ぽむの日常(まだまだ工事中^^;)

我が家のお嬢、甘えん坊「くな」と、わがまま「ぴゅる」に、やんちゃくれ王子の「ぽむ」が加わり大騒ぎ!

「くなちゃんとの昨晩のこと。アレルギーの恐ろしさ、、」

昨晩、くなちゃんを夜間救急に連れていって処置してもらったら、薬が合わなかったらしく、アナフィラキシーの症状を出して、緊急集中治療となりました。
忘れないうちに記しておきます。

以下





昨晩、ばぁちゃんずのご飯は一番最後でした。

部屋に入るとくなちゃんは、ドーム型ベッドの中で固まって出てきませんでした。

仕方ないので引っ張り出してご飯タイムです。



20180124170906411.jpg




くなちゃんもゆきちゃんも見ていないとすぐに食べるのをやめちゃうので付きっきりです。

この時くなちゃんは、しつこい私に凄く怒りながら食べていました。

あまりに怒るので、もういいや、、とくなちゃんを離したらトイレに駆け込みました。

なんだ、トイレに行きたかったのかごめんよと思いながらも、ご飯の前にちっこさせたのになと不思議でした。





201801241708547f4.jpg




それから何度もそのしぐさをするので膀胱炎なのか、、と思い、原因はカラー生活にあると思い、洋服を変えてカラーを外しました。




その後も繰り返し、しまいにはトイレではないところで固まって全く動けなくなりました。




20180124170908586.jpg




少しずつちっこが出てきていて、血尿になってきました。

やばいなぁ、、明日は病院休みだし、私も朝から仕事だし。

夜間救急で診てもらおうか。

膀胱炎の治療には抗生剤とステロイドが有効です。

でも、くなちゃんはずっと抗生剤とステロイドを服用しているのです。

なのに膀胱炎だとしたら、抗生剤を変えるしかない。


いつもは夜ビールを飲んでいるのですが、昨晩はたまたま飲んでおらず、車が出せたのでした。



所沢にある夜間救急へ。


途中


20180124170905545.jpg



凍結しているところもありましたが、スタッドレスだし、大通りを選んで夜中の1時に走りました。



2時には病院について処置をしてもらいました。


20180124170903c31.jpg



結構待ったんですけど、こんな感じで落ち着いていました。




20180124170855462.jpg


補液とペニシリン系の抗生剤の注射。

ペニシリン系の飲み薬のアモキクリアも処方してもらいました。

アモキクリアは膀胱炎の子に一般的に出される薬です。


あぁ良かった。

これで安心、と会計を済ませ帰宅しようとしていたら




20180124170901acc.jpg



病院の駐車場でのこの写真の直後に嘔吐しました。



いやーん、ストレスだったかな。と思っていたら、またすぐ吐いてしまって。


一応診てもらうか~

と、病院に戻り、「吐いちゃって~」と軽い気持ちで受付の方に伝えたらすぐに先生が駆けつけてくれました。

診察台の上に乗せても吐いて、寄るに食べたものが全部出てしまいました。



20180124170900633.jpg



すぐに吐き気止めの注射をしてくれました。


様子を見ていると、うんちもしちゃって、口呼吸になってきちゃいました。


アレルギーの可能性があるからと、ステロイドと抗ヒスタミン剤を使うと伝えられ、

その場で静脈確保をしていました。

静脈確保ってこうやるのかぁと思ってみていました。

静脈に直接入れた方が早く効くからとのことでした。

処置をしているうちにぐったりしてきちゃって、私はもう、くなちゃんが死んでしまうのではないかと思いました!

アレルギーは生死に関わるなんてこと解りきっているのに、先生に

「生死に関わりますかね!?」って聞いてみたり。。


「奥で落ち着くまで静脈に点滴流しながら処置しますが時間は大丈夫ですか?」と。。


大丈夫です!!!



待つこと2時間。

待合室が寒くて寒くて凍えながら待ちました。

5時くらいに一度先生が出てきて、「大分落ち着いてきました」と伝えにきました。

先生が出てきたとき、最悪な報告も覚悟していたのでホントにほっとしました!

それからまた1時間身体が冷えきりました。


先生がくなちゃんを連れてきてくれて、

「普段の感じに戻りましたかね?」と。





20180124170859960.jpg



診察台でしばらく様子見て、




「戻ってます!」




ということで、静脈の針を抜いて帰宅しました。




帰宅後



20180124170857ccc.jpg



早速ご飯を少し食べてくれました。


今は落ち着いています!




膀胱炎の治療がしっかり出来なかったような気がしますが、ステロイドが効いているのかもしれません。



ちなみに、アレルギー対応の治療費は取られていません。

もう、何をしてでもどんなに高くついてでもくなちゃんを戻してほしい!と思っていたので、高額料金は覚悟していたのですが、

「自分が選んだ薬が原因かもしれなくて、元に戻すのが自分の責務なので」


ということでした。



ありがたい!


私がビールを飲んでいなかったがためにくなちゃんには散々な目に遇わせてしまいました。。



アレルギーの怖さを実感した夜でした。

薬物アレルギーは初めてで、ワクチンなんかも深く考えていませんでしたが、

怖い

です!


ご心配いただきました皆様ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーサイト
  1. 2018/01/24(水) 18:14:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「くなちゃん、抜糸しました!、、」 | ホーム | 「大雪でした!、、」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kunafuni.blog18.fc2.com/tb.php/934-3c32ffed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter

猫のこと、ダンスのことをつぶやいています^^

くな

2003年7月生まれ 女の子      手のひらサイズの時に道にうずくまっているところを保護。 夜10時に動物病院のチャイムを鳴らし、その後2週間ほど入院。一命を取りとめて元気に成長中♪ とても甘えん坊。私のストーカー。 しかし、くなパンチは痛い。

ぴゅる

ぴゅ

2000年1月生まれ  女の子 後ろ足が一本ない子猫が近所の人にものすごい勢いでご飯をねだっているのを発見。たまらず、私のアパートにおびき寄せてご飯をあげて、そのまま保護。 現在はfuni助さんちの家族。 アレルギー持ちで、いつもお顔がかゆいかゆいでかわいそう。 でも、わがままっぷりはお姫様並み。3にゃんの中で一番身軽に走り回ります。好物はかつおぶし。鼻で飛ばしながら一生懸命食べます。 

ぽむ

2007年10月生まれ  男の子 教え子が公園で保護。そうだ!funi先生猫好きだ~!ということで、我が家に連絡来てそのまま保護。里親を探すつもりが手放せなくなり家族の一員になる、ラッキーボーイ。。 やんちゃくれ。くなちゃん、大好きっ子。

funi(書いてる人)

猫好き・カフェ好き・舞台好き・・

funi助

ぴゅるとうちゃん。

カウンター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

リンク

*公園のネコたち

お気に入りのshop

meowlogo.gif 20081028125309.gif 20081207051621.jpg

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

*******