ふに三昧☆猫だらけ~くな&ぴゅる&ぽむの日常(まだまだ工事中^^;)

我が家のお嬢、甘えん坊「くな」と、わがまま「ぴゅる」に、やんちゃくれ王子の「ぽむ」が加わり大騒ぎ!

「くまっちとろっしー&ピンチに立たされております、、」

バタバタしております。

たかし君と同時進行で体調の変化がみられいた、ろっしー、くまっち。


ろっしーは食べなくなってしまいました。






これまでの治療でやるべきことはすべてやっているので、打つ手がありません( ´△`)


白血病の発症でしょうか。





くまっちもついに食べなくなり、詳しい検査を進めてもらうことにしました。





くまっちは、昨年の3/31に呼吸がおかしくて緊急通院しました。

それから、呼吸のことは問題視されずに、肝臓が悪かったり、肝臓が良くなったら口内炎が酷いということで、ステロイドと抗生剤の治療をしてきました。


呼吸はずっとおかしくて、でも、病院に行くとそうでもなかったりして、「鼻の音」と言われていて、私もそうなのかなって半信半疑だったのですが、

この1ヶ月、特に酷くて、ヨダレも酷くて、二週間で500グラム体重が減ってしまいました。

1年で2キロも痩せてしまったんです。




昨年の3/31のくまっち5.5㎏







くまっちは触れない子です。

簡単には診察出来ないのです。

ですので、

鎮静下で良くみてほしいとお願いしました。

レントゲンの結果、喉に異変がありそうだ、、とのこと。

呼吸の異変はここからなのか。。。



もっと良く調べる為に、セカンドオピニオンをお願いしました。



昨日6/11、紹介してもらった大きな病院に行きました。



「ステロイドが効いていると呼吸は落ち着いてご飯を食べるが、最近ステロイドが効かない。」


と伝えて、レントゲン、エコー、甲状腺検査、尿検査などをしてもらいました。



特にこれだ!という所見は見当たらず。



ステロイドが効くということは、喘息の可能性あり。

それと、

咽頭麻痺も考えられるとのことでした。







原因をより突き止めるために内視鏡の検査をお願いしたんですけど、








持ち物、、内金8万円。。。




今回かかった費用は37000円!






史上最大のピンチに立たされてるやもしれませんorz






くまっちとろっしー。

かたや慣れない、かたやダブルキャリア。



慣れていないと病院であまりみてもらえなかったり、ダブルキャリアだと、キャリアだから仕方ないよね、、って思われたりもしますが、

私はどの子の命も同じように大切で、 くまっちとろっしーには強い思い入れもあり、 諦めたくありません。








くまっちとろっしー。

2匹とも2011年12月の当時の警戒区域(以降警戒区域と記載)における、「愛護団体の黄色いリボン活動」の時に保護出来た子です。

この活動は、警戒区域の動物達を救う為にきちんと登録のある団体が、唯一公的に警戒区域に入って活動するのとを許されたものでした。


「唯一」というのは、私達のように動物達を助ける為に警戒区域に入ることは許されていないからです。


それでも、私達は命懸けで警戒区域に入って多くの命を救ったのでした。

警察に見付かれば捕まってしまい、活動がそこまでとなり、また救った命を取り上げられてしまうので、
私達はいつでも精神的に追い詰められながら活動していました。

それが、2011年12月後半およそ二週間だったでしょうか。
堂々と警戒区域内を動けて、堂々と動物達を助け出すことが公的に認められたことがあったのです。

後にも先にも一度だけでした。


この時を逃すまい!と、思いました。

ですが、

私が普段活動していた団体では、保護スペースがないという理由で、保護することを許されなかったのです。



ですので、他の団体の中に登録して、その団体でも動くことにしました。




くまっちもろっしーも、そちらの団体の方と行動した時に保護してうちに連れて帰ってきたのでした。



ろっしーは、活動の初日だかにいつもの団体の方で活動していた時に見掛けた子で、どうしても保護したい子がいるからと言って、夜ノ森に回ってもらったのです。

その時に、保護したかったろっしーとちゃーを保護出来たのです。





くまっちの場合は、、、

その団体への保護依頼のお宅にセットしてあった捕獲器に入ったくまっちでしたが、保護依頼の子ではなかったので、こともあろうに放されそうになったのです!


大熊町の原発直下です。。。


!!!!!




ちょっ、ちょーーっと、まったぁーーーー!!!!



私が連れて帰るから保護してして!!!!!





と、あえなく私と一緒に帰ってきたのでした。



その当時のblog

2011年公益での保護猫達




皆凄い形相(^o^;)



当時2つしか捕獲器を持っておらずでしたが、ぽこさんがこっそり貸してくれたり、いつもの団体での行動のときもこっそり保護したりして、私の活動が出来た6日で9匹のみ保護しました。


捕獲器さえあれば、もっと救いだせたのに、、との悔しさが、後の私の活動に繋がります。






あれかまる5年以上経った今、突然人のいなくなった町で9ヶ月も頑張って生き抜いてうちに来てくれた二匹、、




もう10歳位と思っています。





ただただ、寿命を幸せに全うさせてあげたいのです。




少しでも楽に、少しでも皆と過ごせますように、私は諦めたくありません。








ですが、たかし君の検査や治療にかなりの費用がかかってしまった為に、この2匹への医療費捻出が厳しいのです。


5月中はたかし君のことを心配してくれた方々よりご支援金を多く頂きました。



RAIFさんからは、RAIFさんへのご支援金があるうちは福島の子へ月に10万円の医療費補助をしていただけることになっていて、大変助かっています。

RAIFさんのお申し出を待っていたかのような福島っ子の体調不良。

RAIFさんにはフルに補助をしていただいていて、大変恐縮です。

RAIFさんにご支援いただいている皆様に感謝致します!


RAIFさん↓

福島被災動物レスキューRAIF




それと、たかし君の餌場給餌を共有していた、常に連携していただいていている、「かつらお動物見守り隊」の方からも、たかし君の為にと5万円頂きました。



かつらお動物見守り隊の皆さん、ご支援頂きました皆さんに感謝致します!


かつらお動物見守り隊↓

かつらおさんのblog


その他、他のレスキュー仲間がからご寄付いただいたり、物資の面で助けてもらったり。



皆で守ってきた命。


連携いただくことに感謝です!



毎月医療費ご支援いただいている方も数名おります。


支えていただきまして、本当にありがとうございます!



5月の収支報告がまだ出せなくて申し訳ありませんが、ざっと計算したところ、数ヶ月振りに2万円位黒字でした(ToT)



ありがとうございます!




ですが、ですが、

20日までに10万円(内金8万だから10万位かかりそう)はどうしても必要で、それから治療となるとさらに費用が必要で、

ろっしーが白血病の発症だとしたら緩和治療にも費用が必要で、

さらには今つららの首が酷いことになっていて、足の爪を取る手術を考えなくてはと思っていたり。




私の力だけでは不可能なので、

大変恐縮なのですが、さらなるお力を貸して頂けますよう、皆様にお願いいたしますm(__)m


ご支援頂きまして、私が皆様に返せる恩はあまりないかもしれません。


私に託して下さった命を守ることと、病気(症例)の報告をしっかりさせていただきたいと思っていますm(__)m





【医療費ならびに猫の為の費用のご支援ご協力のお願いです】



心苦しいのですが、医療費ならびに猫の為の費用のご支援、ご協力をお願いしたいと思います。

〈お振り込み先〉

【埼玉りそな銀行】

北本支店
口座番号
普)3564240
名義

鈴木美弥子

※ゆうちょ銀行の口座も開設しました。
口座名は、「ふに三昧保護猫ハウス」です。



【ゆうちょ銀行】
(ゆうちょ銀行間のお振込み)

口座名 :ふに三昧保護猫ハウス
記号 :10370
番号 :77440511


(他金融機関からゆうちょ銀行口座へのお振込み)
口座名:ふに三昧保護猫ハウス
店名:0三八(ゼロサンハチ)
店番:038
預金種目:普通預金
口座番号:7744051

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m



どうぞよろしくお願いいたします!




















スポンサーサイト
  1. 2017/06/12(月) 10:38:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ろっしー、入院しました!、、」 | ホーム | 「たかし君とぼす君、、」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kunafuni.blog18.fc2.com/tb.php/868-a23807b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter

猫のこと、ダンスのことをつぶやいています^^

くな

2003年7月生まれ 女の子      手のひらサイズの時に道にうずくまっているところを保護。 夜10時に動物病院のチャイムを鳴らし、その後2週間ほど入院。一命を取りとめて元気に成長中♪ とても甘えん坊。私のストーカー。 しかし、くなパンチは痛い。

ぴゅる

ぴゅ

2000年1月生まれ  女の子 後ろ足が一本ない子猫が近所の人にものすごい勢いでご飯をねだっているのを発見。たまらず、私のアパートにおびき寄せてご飯をあげて、そのまま保護。 現在はfuni助さんちの家族。 アレルギー持ちで、いつもお顔がかゆいかゆいでかわいそう。 でも、わがままっぷりはお姫様並み。3にゃんの中で一番身軽に走り回ります。好物はかつおぶし。鼻で飛ばしながら一生懸命食べます。 

ぽむ

2007年10月生まれ  男の子 教え子が公園で保護。そうだ!funi先生猫好きだ~!ということで、我が家に連絡来てそのまま保護。里親を探すつもりが手放せなくなり家族の一員になる、ラッキーボーイ。。 やんちゃくれ。くなちゃん、大好きっ子。

funi(書いてる人)

猫好き・カフェ好き・舞台好き・・

funi助

ぴゅるとうちゃん。

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

リンク

*公園のネコたち

お気に入りのshop

meowlogo.gif 20081028125309.gif 20081207051621.jpg

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

*******