ふに三昧☆猫だらけ~くな&ぴゅる&ぽむの日常(まだまだ工事中^^;)

我が家のお嬢、甘えん坊「くな」と、わがまま「ぴゅる」に、やんちゃくれ王子の「ぽむ」が加わり大騒ぎ!

「ジャイアン二度目の輸血、、」

本日、入院中のジャイアンのびた二度目の輸血の為に、つばさ、ないと、やっ君を連れて行きました。




供血猫を決める前に先生からお話。




貧血の進行が早すぎる。

正直非常に厳しい。

輸血をしてすぐに見切りでも抗ガン剤治療をしないのなら輸血の意味がない。

進行が早すぎるので、抗ガン剤治療で進行を食い止められるかは分からない。

とにかく時間はない。



私はいつも、人の話はその人の顔を見て聞きます。





先生が一生懸命説明して下さっているのに、私は顔を上げることができなかった。





保護猫の死を初めて体験した時、私はわんわん泣いた。





それからもお別れが来るとわんわん泣いた。





多くの病気と向き合ううちに、多くの死を受け入れるうちにいつしか泣かなくなった。





この病気はこういうものなのだ、、と言い聞かせることで、自分を強く保たせようとしていた。





でも、








ジャイアンの説明が進むにつれて、私の目頭は熱くなって涙がこぼれそうになって。。。







人前で泣きたくない私は、泣いているのに気付かれないように、気を落ち着かせるように、下を向いて説明を聞いたのです。






ジャイアンに家で伸び伸び過ごさせたい。。。







抗ガン剤治療をするという決断は出来ていました。





でも、







今のジャイアンの状態ではお家に帰れないとのことなのです。







通院しながら抗ガン剤治療、、と思っていましたが、病院の狭い所でずっといながら効果が現れるか分からない抗ガン剤治療をするというのです。





それほど、厳しい状態。






このまま入院させて抗ガン剤治療をするか、死を待つかの選択に迫られました。






涙をこらえるのに必死で、すぐに決断出来ませんでした。






とりあえず、時間稼ぎの輸血をすることになりました。






供血猫は「つばさ」になりました。









つばさ    双葉町長塚







先生につばさをあずけてジャイアンとの面会。













酸素室にはまだ入っていません。




呼吸は普通でご飯は自力で少し食べたそうです。






目はしっかりとしています。








ですが、







夕方、つばさを迎えに行くと、、







わずか数時間で急変していました。










輸血中
ジャイアンは酸素室に入っていました。






酸素室に入っているにもかかわらず、呼吸が速くなっていました。






ジャイアンの呼吸






その呼吸は見覚えがあります。





ゆうじろうの時と似ている。





厳しい状態。






予想をはるかに超えた早さで、病魔はジャイアンを蝕みます。




輸血の効果は出るのか。








ジャイアンを家で伸び伸び過ごさせたい。








わずかな可能性にかけて、抗ガン剤治療をお願いしました。







ジャイアンを家で伸び伸び過ごさせたい。






私の願いはそれだけです。

ジャイアンの治療に是非ともお力をお貸しください…>_<…



被災動物サポーターズさんの方でも呼びかけていただけました。

詳しくはこちら








個人口座

 

埼玉りそな銀行   北本支店

普)3564240

スズキミヤコ
どうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m
スポンサーサイト
  1. 2016/10/03(月) 01:57:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ジャイアン、りりちゃん、なぁや、まる様、、」 | ホーム | 「ジャイアンのこと&再度のお願い、、」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kunafuni.blog18.fc2.com/tb.php/772-3c69acd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter

猫のこと、ダンスのことをつぶやいています^^

くな

2003年7月生まれ 女の子      手のひらサイズの時に道にうずくまっているところを保護。 夜10時に動物病院のチャイムを鳴らし、その後2週間ほど入院。一命を取りとめて元気に成長中♪ とても甘えん坊。私のストーカー。 しかし、くなパンチは痛い。

ぴゅる

ぴゅ

2000年1月生まれ  女の子 後ろ足が一本ない子猫が近所の人にものすごい勢いでご飯をねだっているのを発見。たまらず、私のアパートにおびき寄せてご飯をあげて、そのまま保護。 現在はfuni助さんちの家族。 アレルギー持ちで、いつもお顔がかゆいかゆいでかわいそう。 でも、わがままっぷりはお姫様並み。3にゃんの中で一番身軽に走り回ります。好物はかつおぶし。鼻で飛ばしながら一生懸命食べます。 

ぽむ

2007年10月生まれ  男の子 教え子が公園で保護。そうだ!funi先生猫好きだ~!ということで、我が家に連絡来てそのまま保護。里親を探すつもりが手放せなくなり家族の一員になる、ラッキーボーイ。。 やんちゃくれ。くなちゃん、大好きっ子。

funi(書いてる人)

猫好き・カフェ好き・舞台好き・・

funi助

ぴゅるとうちゃん。

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

リンク

*公園のネコたち

お気に入りのshop

meowlogo.gif 20081028125309.gif 20081207051621.jpg

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

*******