ふに三昧☆猫だらけ~くな&ぴゅる&ぽむの日常(まだまだ工事中^^;)

我が家のお嬢、甘えん坊「くな」と、わがまま「ぴゅる」に、やんちゃくれ王子の「ぽむ」が加わり大騒ぎ!

「ダイアナ、亡くなりました、、」

ダイアナ、本日15日16時15分に亡くなりました。


12時に病院に行って面会した時からずっとまばたきしなくて、目を開いたままだったけど、亡くなってから目を閉じてあげました。






お花がなければまるで、ただ寝ているだけのようです。











普段亡くなった子の写真は掲載しませんが、ダイアナがあまりに眠っているようなので載せています。




ダイアナは今朝吐いていました。



夜中にご飯を食べたようです!





昨晩までは食べないけど状態は普通だったのです。






今日も普通に過ごせると思ってた。



じゅりちゃんの希望者さんのお宅に行って、夜はミーティングに参加する予定を何にも心配してなかった。

朝、キャリア部屋に入るとダイアナが鳴いていた。
それは、いつもの「出して」とは違う感じだった。





おかしい。






ダイアナの顔を見て「やばい」と思った。

歩けない。
今日は病院に行く予定はなかったけど、急いで病院に行ったのです。

「苦しいよ」の鳴き声。
これまでに何匹も見送ってきたけど、最後が近づくと「鳴く」のです。鳴かなかった子も鳴くのです。






本当に辛く、胸が詰まる。
病院に着いたのは9時。




9時の時点で5番目。






主治医がいるのに何故か違う先生に通されて。






え、、って思ったけど、早く診てもらえたので良かった。






体温34度。
死んでしまう。






でも急激な変化、もしかして吐いたショックで下がっているのだとすれば、病院で措置してもらえば戻ってくるかも。





一か八かの入院。






12時に面会に行った時会う前に、先生に「もう戻る見込みは無い」と告げられた。






ヘマトクリット値13パーセント。
どんな治療法をしても、効果が出る前に亡くなる。






自宅に連れて帰ろう。
一緒に面会に来てくれた預かりさんと相談して決めた。






一人だともうどうしたら良いか、、。






酸素室レンタルの手配。





13:30頃には持ってきてくれるという。ありがたい。

今日はSさんが手伝いに来てくれていて、酸素室が来たら連絡くれるよう連絡。
酸素室が来たら、ダイアナを移動させる。






12時から13時半位までずっと病院に居座りダイアナといました。

正直、酸素室を手配してもそれを使う前に亡くなる可能性が高い。そんな状態でした。
ダイアナの様子をずっと見ていました。

厳しい。

酸素室が来ても移動の最中酸素がない。





どうしようって思っていたら、









先生がビニールぶくろに100パーセントの酸素を入れてくれました。






クルマの運転は預かりさんに任せたので、ダイアナを膝の上に乗せて運ぶことが出来ました。
無事に帰宅。











酸素室に入れてあげる事が出来ました。





使った時間はわずか2時間。
Sさんがいてくれたからずっとダイアナのそばにいる事ができました。






大きく呼吸しては、呼吸が止まる、、を繰り返して、最後大きく呼吸をしたら、次に呼吸をする事はありませんでした。
瞳孔が開いてしまってからすぐに預かりさんが来て、Sさんも来て、三人でしばらくダイアナといました。




ダイアナ。





小さくて可愛いダイアナ。


頑張ったね。




向こうでみんな待ってるよ。





工場の子、5匹目のFIPでした。





夕方、I夫妻も花を持って駆けつけてくれました。





ありがとうございました。







工場猫じゅりちゃんがそばに来てくれるのです。





ダイアナは火曜日に荼毘に付します。

応援、ご心配いただきました皆様、ありがとうございました。
なんだか、どっと疲れてしまいました。
スポンサーサイト
  1. 2016/05/15(日) 22:05:46|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ダイアナ&工場の子達・・」 | ホーム | 「ダイアナ、、」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kunafuni.blog18.fc2.com/tb.php/713-5bb52249
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter

猫のこと、ダンスのことをつぶやいています^^

くな

2003年7月生まれ 女の子      手のひらサイズの時に道にうずくまっているところを保護。 夜10時に動物病院のチャイムを鳴らし、その後2週間ほど入院。一命を取りとめて元気に成長中♪ とても甘えん坊。私のストーカー。 しかし、くなパンチは痛い。

ぴゅる

ぴゅ

2000年1月生まれ  女の子 後ろ足が一本ない子猫が近所の人にものすごい勢いでご飯をねだっているのを発見。たまらず、私のアパートにおびき寄せてご飯をあげて、そのまま保護。 現在はfuni助さんちの家族。 アレルギー持ちで、いつもお顔がかゆいかゆいでかわいそう。 でも、わがままっぷりはお姫様並み。3にゃんの中で一番身軽に走り回ります。好物はかつおぶし。鼻で飛ばしながら一生懸命食べます。 

ぽむ

2007年10月生まれ  男の子 教え子が公園で保護。そうだ!funi先生猫好きだ~!ということで、我が家に連絡来てそのまま保護。里親を探すつもりが手放せなくなり家族の一員になる、ラッキーボーイ。。 やんちゃくれ。くなちゃん、大好きっ子。

funi(書いてる人)

猫好き・カフェ好き・舞台好き・・

funi助

ぴゅるとうちゃん。

カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

リンク

*公園のネコたち

お気に入りのshop

meowlogo.gif 20081028125309.gif 20081207051621.jpg

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

*******