ふに三昧☆猫だらけ~くな&ぴゅる&ぽむの日常(まだまだ工事中^^;)

我が家のお嬢、甘えん坊「くな」と、わがまま「ぴゅる」に、やんちゃくれ王子の「ぽむ」が加わり大騒ぎ!

「死んじゃうかと思った、ゆうじろう、、」

ゆうじろうが大変でした。

今日は(4日)は、みけこが食欲がないので病院に連れて行こうか迷っていました。

食べたり食べなかったりなので、昼間様子を見て、午後診療に連れて行こうと思いました。

昼間ちょっとだけ実家に顔を出し、隔離で借りていた家のリフォーム代が高くついたことを受け父親から色々説教を受けてきました(~_~;)

はい!はい!と返事はいい私(・ω・)ノ

それから帰宅。




やっぱり、みけこ連れて行こうかなぁ、、じゃぁゆうじろうも診てもらおう。昨日から熱っぽいし。


ということで、行きました。


みけこは体重維持でした。3、32kg。
膵炎だと、食にムラが出るそうですヽ(´o`;



ゆうじろう、やはり熱があって40、3度。

解熱剤、抗生剤、点滴をしました。

処置をしてもらったのが、18:30過ぎ。

会計を済ませて家についたのが19:15位。

帰り道、家の近くまで来たら、ゆうちゃんが変な声で鳴きました。

もうちょっとだからねーって、扉の隙間から指をいれてゆうちゃんを触りながら家に到着。

まずみけこを降ろして、すぐにゆうちゃんを降ろして。。

ベッドに倒れ込み、口呼吸が激しく始まりました。

なに?これなに⁉


おかしい!

副作用やアレルギーしか考えられない!

これは死んでしまう前の呼吸だ、、。


慌てて掛かりつけに電話するも、19時を回っていたので留守電。。

何度か掛けたけど出て貰えず。

所沢にある夜間救急の病院に行くようにアナウンス(泣)

所沢なんて走ってる途中で死んじゃうわ!しかも21:00からってなってる、、。絶望。


他の病院は、、。立川も遠い!ダメ!

隔離近くの先生、、。頼りない、、。

そうだ!行ったことないけど、日高に大きな病院あった!

調べると夜間救急をやっているとのこと(^o^)

すぐに連絡をしてみてもらうことになりました。


うちを出発する時、息が荒く、ぐったり。ベッドごと抱きかかえて助手席へ。





病院に着く頃、少し落ち着いてきました。


かくかくしかじか、、こういうわけです!


と説明して、診てもらいました。

呼吸、1分間120以上。

異常です。

熱40、3度あったものが、37、6度。

解熱剤でこういう呼吸が苦しくなる副作用はないとのこと。


胸水があるかの確認ということで、
レントゲン。


胸水はないけど、少し雲がかってる、、。

肺炎になりかかってるのかも、、とのことでした。

とても危ない状態であると。


それでも診察中に少しずつ落ち着いてきました。

呼吸を楽にするために、入院して酸素室に入れるか、気管支拡張剤を使うか相談されて、私は気管支拡張剤を打ってゆうじろうを連れて帰ってくる選択をしました。

掛かりつけでみてほしかったからです。

家に着くと、





辛そうだけど、自分で歩きます。

他の猫を避けて寒い窓際に行ってしまうので、お部屋を作りました。





落ち着いています。

気管支拡張剤が効いたのでしょうか。


しばらくして行ってみると、



二階に登っていました^ ^


呼吸は普通です。

目もしっかりしてます。


死んでしまうかと思った、ゆうじろう。


私が思うに、やはり今回の呼吸困難は「薬のせい」だとおもいます!

アナフィラキシーショックだったんじゃないかなぁ、、。

明日掛かりつけで聞いてみます。

アレルギーは怖い、、。


しかし、テンパった~。

病院を調べる手が震えてましたもん。。

夜間診察代4000円
レントゲン4000円
気管支拡張剤1000円

計9720円

高くつきました、、。

でも、近所に24時間対応の病院があると分かって良かった。。


それと、病院はやはり午前中にいかなければ行けませんねヽ(´o`;


スポンサーサイト
  1. 2016/01/05(火) 04:23:26|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ゆうじろう、入院しました、、」 | ホーム | 「本日の覚え書き&鍵コメ返信、、」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kunafuni.blog18.fc2.com/tb.php/619-1c8b6a26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter

猫のこと、ダンスのことをつぶやいています^^

くな

2003年7月生まれ 女の子      手のひらサイズの時に道にうずくまっているところを保護。 夜10時に動物病院のチャイムを鳴らし、その後2週間ほど入院。一命を取りとめて元気に成長中♪ とても甘えん坊。私のストーカー。 しかし、くなパンチは痛い。

ぴゅる

ぴゅ

2000年1月生まれ  女の子 後ろ足が一本ない子猫が近所の人にものすごい勢いでご飯をねだっているのを発見。たまらず、私のアパートにおびき寄せてご飯をあげて、そのまま保護。 現在はfuni助さんちの家族。 アレルギー持ちで、いつもお顔がかゆいかゆいでかわいそう。 でも、わがままっぷりはお姫様並み。3にゃんの中で一番身軽に走り回ります。好物はかつおぶし。鼻で飛ばしながら一生懸命食べます。 

ぽむ

2007年10月生まれ  男の子 教え子が公園で保護。そうだ!funi先生猫好きだ~!ということで、我が家に連絡来てそのまま保護。里親を探すつもりが手放せなくなり家族の一員になる、ラッキーボーイ。。 やんちゃくれ。くなちゃん、大好きっ子。

funi(書いてる人)

猫好き・カフェ好き・舞台好き・・

funi助

ぴゅるとうちゃん。

カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

リンク

*公園のネコたち

お気に入りのshop

meowlogo.gif 20081028125309.gif 20081207051621.jpg

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

*******