ふに三昧☆猫だらけ~くな&ぴゅる&ぽむの日常(まだまだ工事中^^;)

我が家のお嬢、甘えん坊「くな」と、わがまま「ぴゅる」に、やんちゃくれ王子の「ぽむ」が加わり大騒ぎ!

「ゆうたろうという猫、、」



ゆうたろうは特別な猫でした。

私が10ヶ月ぶりに20キロ圏内のレスキューに参加した時に、浪江町で出会った子でした。

ゆうたろうと出会った時の記事



毛がボロボロで、弱ってるように見えてすぐにでも保護したかったのですが、

その時のレスキュー同行の団体は、その日保護が許されていなかったので、捕獲器を積んでいなかったのです。


少し粘りましたけど、やはり保護出来ずでした。



シェルターで受け入れてくれないのなら自分で連れて帰る、、とにかく保護しなければ増え続けて終わらない、、


そこから私のレスキューが本格的になりました。


およそ3週間後、保護、連れて帰る、、を念頭にいれて再びその場所に向かいました。


そして、ゆうたろうと再会することが出来ました。

もう捕獲器を引き上げて帰ろうとした時に、彼は「僕も連れて行って欲しいんだけど、、」と言わんばかりに佇んでいました。


ゆうたろう保護時の記事


保護した時本当にボロボロで、、。



とっても甘えたさんで、優しくて、強くて。

旦那がいる時は、一日のほとんどを旦那と過ごしていました。

キャリア部屋から一抜けで、ちょっと特別扱いだったゆうたろう。

腎不全、エイズ発症、口内炎、目負傷


とにかく口が痛くて転げ回っていました。

転げ回った時に目を傷つけてしまったようで。

免疫が落ちてるから、弱って風邪も引いて、、、。

病院では、痛み止めよりも抗生剤優先の治療をしてくれました。

でも、

結局、痛みにのたうち回りながら逝ってしまった。

多分心臓発作だと思います。

あの瞬間に亡くなるなんて、、。


私があの時強制給餌忘れていれば。。


前日はad缶飲めたんだけど、

その日は普段は朝一で水をぐびぐび飲んでくれるのに、シリンジ半分くらいしか飲めなくて、

無理にいいや、、って思ってやめて、

お昼ご飯食べに出かけようって思って、その前に少し舐めさせてみよう、、って思って。。

シリンジを口元に持って行っただけでのたうち回って、、

まだ何もしてないよ、ゆうちゃん、、

なんて言っていたら様子が違くて、、。


たくさん名前を呼んで、心臓マッサージしたり、口に息を吹き込んだけど、、。


引き止めることが出来なかった。。

9/6のことです。


私のせいだ。。

あの時シリンジを見せたことが死期を早めさせてしまった。。


痛くて、痛くて、苦しくて、、。

死を早めることになっても、痛みがなくなる薬を使ってもらうべきだった。。


特別なゆうたろう。

ゆうたろう。。

最後もボロボロだった。

ごめんね。。



しばらく立ち直れない。。。



でも、さくらや白血病の子達がいるから気は抜けない。

この5ヶ月足らずで5つもの命を見送ってしまった。

その中で、生かし続けることを辞める選択をする勇気を持つ事がいかに必要か学んだ。

どこでその選択の線引きをするのかは非常に難しい。

でも、出来るだけ苦しまないように過ごさせるケアをしていかなくては。




ゆうたろう。。

























また会ってくれる?

特別なんだよ、、ゆうたろうは。。





スポンサーサイト
  1. 2014/09/09(火) 11:57:40|
  2. アニマルレスキュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「6号線開通、、」 | ホーム | 「犬!里親様募集中~、、」>>

コメント

そんなに自分を責めないで欲しい。人間は神様じゃないから、先の事なんて読めない。何がベストだったかなんて分からない。だから、人間なんだと思います。ゆうちゃんは、ありがとうって、思っていると思いますよ。気持ちは、絶対伝わる。
  1. 2014/09/12(金) 00:51:48 |
  2. URL |
  3. coco #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/09/16(火) 22:04:32 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kunafuni.blog18.fc2.com/tb.php/501-4e394f32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter

猫のこと、ダンスのことをつぶやいています^^

くな

2003年7月生まれ 女の子      手のひらサイズの時に道にうずくまっているところを保護。 夜10時に動物病院のチャイムを鳴らし、その後2週間ほど入院。一命を取りとめて元気に成長中♪ とても甘えん坊。私のストーカー。 しかし、くなパンチは痛い。

ぴゅる

ぴゅ

2000年1月生まれ  女の子 後ろ足が一本ない子猫が近所の人にものすごい勢いでご飯をねだっているのを発見。たまらず、私のアパートにおびき寄せてご飯をあげて、そのまま保護。 現在はfuni助さんちの家族。 アレルギー持ちで、いつもお顔がかゆいかゆいでかわいそう。 でも、わがままっぷりはお姫様並み。3にゃんの中で一番身軽に走り回ります。好物はかつおぶし。鼻で飛ばしながら一生懸命食べます。 

ぽむ

2007年10月生まれ  男の子 教え子が公園で保護。そうだ!funi先生猫好きだ~!ということで、我が家に連絡来てそのまま保護。里親を探すつもりが手放せなくなり家族の一員になる、ラッキーボーイ。。 やんちゃくれ。くなちゃん、大好きっ子。

funi(書いてる人)

猫好き・カフェ好き・舞台好き・・

funi助

ぴゅるとうちゃん。

カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

リンク

*公園のネコたち

お気に入りのshop

meowlogo.gif 20081028125309.gif 20081207051621.jpg

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

*******