ふに三昧☆猫だらけ~くな&ぴゅる&ぽむの日常(まだまだ工事中^^;)

我が家のお嬢、甘えん坊「くな」と、わがまま「ぴゅる」に、やんちゃくれ王子の「ぽむ」が加わり大騒ぎ!

「南相馬へ・・」



29日、南相馬へ行ってきました。

4月に20キロ圏内の南相馬市は警戒区域解除になっており、

許可なしに人の出入りが出来るようになりました。

それでも、ライフラインは復旧しておらず、人は住めません。

まだまだ、たくさんの猫が残されています。

今回の目的は、南相馬の猫おばさんこと、吉田さんの給餌のお手伝いをするためです。

この半年間、プライベートが忙しかったこともあったり、

将来の為に放射線量の高いところは避けようと、レスキュー活動からは離れていました。


最近、公演や結婚式も終わり、子供たちのクラスが夏休みに入ったことで余裕が出来たので、

また何か出来ることを始めたいなぁ・・と思っていました。

実は、2週間前に初めて南相馬の20キロ圏内に行ったのですが、

その時測った放射線量が、埼玉の自宅とさほど変わらないということが判明。


ならば!

南相馬の猫たちの給餌ボラが出来るじゃん・・て思っていました。

そこへ!

写真家の太田康介さんの呼びかけhttp://ameblo.jp/uchino-toramaru/entry-11310696511.htmlがあり、

いい機会だーと思って行ってきました。

今回は旦那と一緒です。旦那、給餌活動デビューです^^

なんだか、人がたくさん集まりそうな気配だったので、

人が足りそうならば日を改めようかと思っていたのですが、

行っちゃいました^^;えへへ。



23574075_1720628860_163large.jpg



この日は野馬追の日。

馬を見れてラッキー^^



集合場所に着くと、やっぱり多くの方が来ていました。

いやー、さすが、有名ブロガー(・o・)

いやー、こんなにいるんじゃ、やっぱ私いらんかったかねー(・o・)

なんて思いながら、太田さんのお話を聞いていると、

一台の車が。。

なにやら、にゃんだーガードの人がフードを運んできたー。

よく分かりませんが、ダーッと来て、ダーッと置いて、ダーッと帰って行ったー。

私の知らない人だったので、一応名前だけ聞いといたー。

にゃんだー物資は何故か私の車にINー^^;


↑↑↑うそ(>_<)にゃんだーではなく、
高円寺の「ニャンダラーズ」さんでした^^;
どうりで知らないわけよ。。。
失礼しましたー!!!!



吉田さんの給餌ポイントを理解している人が少なくて、2班だけに分かれて活動。

私は、名前だけは知っていた、にこちん君http://ameblo.jp/nico-0920/と行動を共にしました。

彼、根はすごく熱い人なんだろうけど、物静かな人なのですが、

「もしかしたら、にこちんさんですかー」とか、

「ブログのトンネルの話、あれ、すごいですよねー」など、

気軽にちゃらちゃら話しかけちゃいました。えへ^^

なんだかちょっと迷惑っぽかったかなー。ま、いいや(・o・)

吉田さんの給餌ポイントはかなりたくさんあって、覚えるのは大変そう(>_<)



暑い日だったので、動物たちの姿はほとんど見ませんでした。


黒いシェルティーだか、コリーだかの犬一頭と、


CIMG2201 (600x450)


授乳中のおかぁさん猫。

痩せていました。仔猫に栄養を持ってかれているのでしょう。

たくさん食べなきゃならないのにね。。。

太田さんが、


CIMG2198 (600x450)


段ボール食堂を作ってくれました。

以前、給餌中に見かけたことはありますが、

実際に作っているのを見るのは初めてで、ちょっとテンションあがっちゃいました^^;



CIMG2203 (450x600)



たくさん食べて、栄養つけてね。

また、ご飯あげに来るからね。

頑張ってね。



一通り、給餌が終わると、太田さんが村上海岸に連れて行ってくれました。

津波の被害が寛大でした。


CIMG2216 (600x450)



CIMG2221 (600x450)



この堤防が決壊して、南相馬を襲いました。

車で内陸に逃げた人と、丘に逃げた人。

内陸に逃げた人は、地震による地面の段差によって渋滞し、

逃げ遅れて亡くなられた方が大勢いるそうです。

福島は、

原発事故のことばかり報じられていますが、

津波の被害も寛大なのです。

たくさんの方が亡くなっているのです。

しかも、助かるはずの命も原発事故のせいで捜索できず、

亡くなられた方もいることでしょう。

やるせませんね。


CIMG2209 (600x450)


この地で助かった人が逃げた丘の上にあります。



CIMG2210 (600x450)

地震の揺れの激しさを物語っています。



CIMG2212 (450x600)



灯篭も倒れていますが、


CIMG2211 (600x450)



駒犬は、神社をしっかり守っていました。




CIMG2214 (600x450)



穏やかな海。

この海が多くの人や動物の命を襲ったなんて信じられません。




23574075_1720628780_13large.jpg



23574075_1720690508_193large.jpg



20キロ圏内は、1年以上も手付かずのまま。






ぞろぞろと太田ツアーをしていると、村上海岸で見慣れたお顔の方に出会いました。

ねこさま王国のメンバー。Aさんとぽんぽんちゃん^^

二人にお会いするのは実に半年以上振り。

なんだか嬉しかったなぁ。

朝の4時から警戒区域に入って、給餌・保護活動をしていたそうです(>_<)

警戒区域の活動は、外とは違って、時間との戦いゆえ、相当疲れるのです。

ご苦労様です!私も行きたいぞー(・o・)



今回は、とてもいい出会いがありました。

太田さんとの出会いもそうですし、にこちんさん、それに、一緒に回った横浜の3人組。

横浜の3人組は女性の方一人と、息子さんくらいの男性2人。

給餌をするための用意がばっちりで、

何度も、「給餌活動やっているんですか?」って聞いちゃった。

「いえ、はじめてなんですー」って。

フード、水、洗面器、洗面器を洗うスポンジ。

しまいには割り箸まで出てきて、びっくりよ(・o・)

用意ばっちり、そして、親族だというその3人の息ぴったり^m^

すごかったなー。


にこちんさんと横浜の3人組さんがフードをたくさん持ってきていたので、

用意したフードがたくさん余りました。


太田さんてば、「またどうせ来るでしょうから持っていてくださいー」ってヽ(^o^)丿

はーい。

ありがとうございます!

心して活動させていただきまっす(^^♪







それにしても、南相馬遠い(>_<)

2時に出て、結構かっ飛ばして、6時半着でした。

ぜーぜーぜー(゜o゜)



夜は国会を囲みに行く予定だったのですが、

お祭り渋滞でずーっと渋滞。

間に合いませんでした。

途中、高線量のところを通らないといけないのですが、

そこでの渋滞、まじ勘弁よー(>_<)


今回は、旦那と一緒だったので、帰りは運転を代ってもらって私爆睡。

二人もいいもんねー^m^




にほんブログ村 猫ブログへ
ブログ2.gif
スポンサーサイト

テーマ:保護活動 - ジャンル:ペット

  1. 2012/07/31(火) 01:59:38|
  2. アニマルレスキュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
次のページ

Twitter

猫のこと、ダンスのことをつぶやいています^^

くな

2003年7月生まれ 女の子      手のひらサイズの時に道にうずくまっているところを保護。 夜10時に動物病院のチャイムを鳴らし、その後2週間ほど入院。一命を取りとめて元気に成長中♪ とても甘えん坊。私のストーカー。 しかし、くなパンチは痛い。

ぴゅる

ぴゅ

2000年1月生まれ  女の子 後ろ足が一本ない子猫が近所の人にものすごい勢いでご飯をねだっているのを発見。たまらず、私のアパートにおびき寄せてご飯をあげて、そのまま保護。 現在はfuni助さんちの家族。 アレルギー持ちで、いつもお顔がかゆいかゆいでかわいそう。 でも、わがままっぷりはお姫様並み。3にゃんの中で一番身軽に走り回ります。好物はかつおぶし。鼻で飛ばしながら一生懸命食べます。 

ぽむ

2007年10月生まれ  男の子 教え子が公園で保護。そうだ!funi先生猫好きだ~!ということで、我が家に連絡来てそのまま保護。里親を探すつもりが手放せなくなり家族の一員になる、ラッキーボーイ。。 やんちゃくれ。くなちゃん、大好きっ子。

funi(書いてる人)

猫好き・カフェ好き・舞台好き・・

funi助

ぴゅるとうちゃん。

カウンター

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

リンク

お気に入りのshop

meowlogo.gif 20081028125309.gif 20081207051621.jpg

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

*******