FC2ブログ

ふに三昧☆猫だらけ~くな&ぴゅる&ぽむの日常(まだまだ工事中^^;)

我が家のお嬢、甘えん坊「くな」と、わがまま「ぴゅる」に、やんちゃくれ王子の「ぽむ」が加わり大騒ぎ!

「地元案件終了の報告、、、」

20190806213013aa3.jpg



5月末、ひょんなことから?手を出してしまった、コンビニ猫。

ようやく、ようやく保護することが出来ました。

時間、労力、お金をこんなにも使うなんて思いもよりませんでした。

本当に大変でした。

首輪の付いている、どう見ても野良猫も保護して、心当たりの方を探していましたが、こちらも解決。

まだ、掲示板に貼ったチラシの撤去、コンビニ近隣への「保護できましたチラシ」のポスティング、を全て終えておらず、こちらを全て済ませてから行政に報告してこの件は終了となります。




この件を簡単に説明。

コンビニのある●丁目。

道路を挟んだ▲丁目。

▲丁目に隣接する◼丁目。

が、今回の私の主な捜索範囲でした。



まずは、コンビニの●丁目。


全軒に「猫探しています」のチラシをポスティング&リサーチ。

●丁目の公園で首輪の子を保護。

●丁目全軒「飼い主さん探しています」のチラシのポスティング。

▲丁目にて首輪君の目撃情報。

コンビニに近い家には「探しています」チラシのポスティング。

あまりに軒数が多すぎるので、行政に相談。

自治会の掲示板に貼らせていただけることに。

しかし、▲丁目、◼丁目は快く許可をいただいたが、当事者の●丁目は断られる。


コンビニの猫の保護と飼い主さん探しを平行して行う。


捕獲器に全く入らないので、いわき市のリスタさんに連絡して犬の捕獲器を借りる。

快く貸してくださり感謝です!

大きいものなので、Kさんの力を借りて設置。

その日、早速1匹保護できた。が、もう1匹がどうしても捕まらず、長期戦に。

梅雨に最中は保護を断念。

捕まらない子は、夜遅くまで私のご飯も待つようになっていた。

この子にご飯をあげない状況を作るのは難しかったのですが、

タイミングが合い3日ほどご飯をあげないでいたら、8/1夜中に捕獲器に入ってくれました。

私の粘り勝ちだと思っています。


20190806213008c17.jpg



そして、8/4「掲示板を見た」という方から連絡。

首輪君にご飯をあげていた方からでした。

翌日早速確認に来てくださり、▲丁目の保護場所からは一番遠い場所から首輪君が来ていたことが分かりました。


20190806213007419.jpg


そして、長らく野良猫だということも分かりました。


おうちの中に入れるのは難しいとのことなので、我が家で面倒を見ることになりました。

早速去勢手術をしました!





20190806213005ff4.jpg
年貢の納め時だったんだよ、、


一気に地元案件が片付いて本当に良かったです。




みんな早く家猫になれると良いね🎵

こんな風に🎵



20190806213004025.jpg

スポンサーサイト



  1. 2019/08/07(水) 10:31:47|
  2. アニマルレスキュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「地元案件、、」

20190620134257b01.jpg


バテバテです、、



なーんにもなかった場所にコンビニが一軒あって、その横にモデルハウスが建って、

捨てられた猫はその唯一雨風がしのげる場所を棲みかにした。




20190620144205f39.jpg


食べ物はもらえたりもらえなかったり。

そのうち、TNRされ、定期的にご飯をくれる人も現れて、

猫達は一生懸命生きていた。

そのうち、あっという間に住宅街となった。


雨風のしのげる場所や身を潜める場所が増えて、まぁそれなりに生きてきた。


でも、そこに猫が住んでいることを知らないで引っ越して来た人達は戸惑う。

庭に猫のうんちが転がっている、、。

猫達は、今まで自分のものだと思っていたその土地は、人の手に渡ったのだ。

そこは人んちになったんだよ、、と、言ったってわかるわけがない。

住人達は、猫が寄り付かなければ良いと考える。

コンビニに、餌やり行為をやめるように訴える。



猫は、、、



人は、、、



それでいいのだろうか。



猫は長年住み着いた場所をそう簡単には離れない。


仮に餌やりをしなければ、猫は飢え、ごみを荒らすことになる。

病気にもなる。

不衛生になると言うこと。


だったら保健所に通報して捕まえて連れていってもらう?

住人達は、命だからそれはしたくない、でも、庭でうんちは困る、、という。




私がこの状況を知ったのは2週間位前。


慌てて預かりさんを探し、受け入れ準備をした。


そう、猫の行き場さえあれば保護が一番。


住人は安心し、コンビニも苦情を言われなくなり、

なんといっても、

猫達が安心して暮らせる。





で、受け入れ先手配した~、はい、保護~おしまーい✨








とは、いかなかったorz





捕まらない!


捕獲器をどんなに工夫しても入らないのだ。



夕方猫達が現れる前に捕獲器を設置し、仕事が終わって夜確認。

入っておらず、近くの目撃情報のあった場所にも設置。

朝4時半頃に確認回収。

朝4時半に回収は、犬に散歩を5時半には始めたいから。




2019062013430714f.jpg


5時半がりんのすけの敵がいなくて良い時間なので。


それと、日中はポスティング。


4時過ぎに起きる。

横になったら起きられないので、連日車中泊。


夜帰宅後猫達の世話をだだーっとやって0時過ぎには車に戻る。

自宅駐車場で寝る、、を繰り返している、、





しんでしまいそうだ、、www



ただのボランティアなのになんで私こんなことやってるんだろー(笑)



とっとと、終わりにしたいです!


どうしたら捕まるんだろう(涙)


長期戦になる予感。



人工猫トイレとか設置して、保護までどうにかうまく共生できないものかのぅ、、





20190620134304857.jpg





ところで、本日は父の手術の日です。

命に関わることのないものですが、全身麻酔なのでちょっと怖いですね。

本人が一番びびっています、、

万が一のことがあったら、、と、準備に余念のない、さすが我が父です。




20190620134258de3.jpg




夜中のなでしこ、こっそりちょっと見たらしいですw









  1. 2019/06/20(木) 14:40:22|
  2. アニマルレスキュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「3.11ともやい展・・」

3月11日。

今年も変わらず、朝から番まで掃除をしている、、

2011年に保護した子は、子猫だった子ももうシニアだなぁ。

東日本大震災で犠牲となった方々に黙祷を捧げつつ、この日常に感謝する。


もやい展を見て、、

真逆のことをしてきたのだな、、と、つくづく思った。
原発事故で、人々が放射能から避難した。東京や埼玉の人の中にも避難した人は多い。

人々がいなくなった町に私達動物レスキューは足を運んだ。
誰もが命懸けだった。


命を守るために避難する人、命を捨てる覚悟で現地に出向く人。


全く真逆だけど、双方の共通点は、ひっそり暮らすこと、ひっそり活動すること。(私の場合だけど)

避難先で、出身を隠して過ごした人も少なくないようだ。

ひっそり。


ヒトの都合でその地で暮らしていた命が、ヒトの犯した罪によって見捨てられようとしていた。

なぜ、助けてくれない。

まもなく警戒区域と称して立ち入りが禁止されると、パトロールの目を盗んでのレスキュー活動となる。
多くの命を救い出す為に、警察に見つかるわけにはいかない、、

極限の精神状態での活動となる。

震災後、原発事故直後の福島のこと、どんな地獄がそこにあったか、、動物ボランティアは見てきた。

混乱の中で、ただただ命と向き合ってきた。

2011年12月、最初で最後の公式レスキュー。
警戒区域での写真撮影は公には禁止されていた。撮影したものを表に出さないように言われた。

公式レスキューのあとも、あの手この手でレスキューが続いた。


私は、ほとんど公にすることなく、地元埼玉でも語らず。

ひっそり、こっそり、確実に。

命を救うために奔走した。

私達はどれだけ放射能を浴びたのか、、。



皆の運命を変えたあの日から8年。

私は表現者です。(たぶん(笑))
見て、聞いて、想像し、創造する。

福島を経験してから表現の足が止まった。
あまりの惨状を見て、動物達のことを思って苦しくなり、
人々の苦しみも感じながら、人間の嫌なところも見えたり、、
強烈に現実にぶち当たった時、自分の身体で表現するということが困難になった。

現実を置き去りに出来ないからだ。


もやい展


14人の表現者が、福島を想って表現するという。

えー、興味ある~。

3年ほど前、福島を題材にしたミュージカルの振り付けをしたけど、苦痛だった。
福島の問題は複雑すぎて、無責任に創造出来ないと感じたから。

ちょうどいつもお世話になっている楮作家の加茂さんも出展していたし、
自分の表現の足掛かりが何か見つかれば良いなって思って、新幹線でびゅんと金沢まで行ってきた。


9時に出発
2019031021.jpg
あでおーす♪


新幹線の車内販売、楽しい♪
2019031020.jpg


13時半くらいに到着
2019031019.jpg


私の場合は、福島を再確認したって感じ。


加茂孝子さん作品
2019031017.jpg

2019031016.jpg



中筋 純さん作品
2019031012.jpg

2019031013.jpg
この下は何度も通った



鈴木邦弘さん作品
2019031014.jpg
暖かいタッチだけど、強烈なメッセージ性を持っていた


西村章人さん作品
201903109.jpg

2019031010.jpg
動物のことも描いてくれて嬉しかった。

2019031011.jpg
私達は子供たちの無邪気な笑顔を守らなければいけない。




他の来場者はどういう風に感じたのかな。
何か感想が聞こえてこないかとじっと耳を凝らしていたけど、私のいた時間はわりとさらっと見ていかれる人も多くて、情報はなかったな。

夜ノ森の桜は原発事故の起きた春はもちろん咲かなかったんでしょ、、という方がいたのにはちょっと驚いちゃった。
そんなに恐れられているんだなって。


凡人の私には意味の分からないものもあったんだけど、
安藤栄作さんの彫刻の作品は素晴らしかった。
いわきで被災。ずっと秘めていた苦しみをやっと作品にぶつけることが出来たのだとか。
悲しみのすごいエネルギーを感じました。
前に進みたい人にとっては辛い作品なのかもしれないけれど、
原発事故で苦しんでいる人がいることを忘れないために、多くの人に見る機会があれば良いなって思いました。


安藤栄作さん作品
201903107.jpg
ぞくぞくっとした

201903108.jpg
全て人


書物コーナーにて
2019031015.jpg
悲しい死がたくさんあったことを忘れてはいけない



行って良かったのか、そうでもなかったのか、、

良かったかな。


私の福島はまだ終わりそうにないから、まだまだ色々表現の道を模索していこうと思います。

現実は絶対に置き去りにしない。

絶対に。


21時半帰宅
201903106.jpg
たらいまー♪金沢近かった♪


美術館の前のお店で買ったほうじ棒茶ラテ
2019031018.jpg
めちゃんこ美味しかったです!!!
  1. 2019/03/12(火) 05:26:15|
  2. アニマルレスキュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「福島:10月14日(日)・・」

一ヵ月ぶりの福島です。

公演が終わり、もっと時間が出来るかと思いましたら、いやーなかなかなかなか・・

今月は、発表会月でして、リハーサルと本番で2週も取られるという・・。

今週末は参加可能な譲渡会が2本あったので残念です。。



前日の土曜日、Mさんが手伝いに来てくれたのと、昼間の仕事がキャンセルになったので余裕をもって出発できるかと思いきや・・

なーんか、やっぱり時間がかかってしまって23時に出発。



高速に乗る前から疲れMax・・。

20181016193539ca5.jpg


久しぶりにこみぃとドライブです^^


夜の圏央道は過酷です。

ひーひー言いながら、千代田まで行ってコーヒータイム。

友部にも寄りまして、仮眠ポイントの中郷を目指します。

ひーひーひー。

2時位にやっと辿り着いて、深い眠りに就きました。

一時間半だけ寝るつもりが・・

深ーい眠りに就いてしまいました。。。

ハッと目が覚めると、そこには冷ややかな目のこみぃ君が・・。


2018101619354232f.jpg
おきなさーい


6時です。

浪江町で活動を開始したかった時間です・・。

おわった・・



20181016193427c37.jpg
広野火力発電所



8時頃浪江町に到着。

出発から9時間です。。


それでも、涼しくなったし、昼間猫が歩くかもしれない・・

と、捕獲器をセットしていきます。



201810161934300ae.jpg
解体が決まっているポイント



かつて、猫がたくさん来ていたポイント一帯はすっかり解体されてしまい、


2018101619343361b.jpg
あにき、おとうと、きょう君、マシュー、ボブテイル君(赤間さん保護)、茶白君(赤間さん保護)、ながれ、ちょび、などたくさん来ていました!



あにきやおとうと君が来ていたちょっと離れたポイント(あとむ保護)のカメラには、もう猫は写っていません。

20181016193537cab.jpg
ぽこさんがセットしてくれたカメラ。ガッツリ固定されています。



このHさん宅は震災後から給餌場所を提供いただいていました。

拠点となった時期もありました。

イノシシに荒らされる前まではかなりの猫たちが食べに来ていました。

この近辺にはいくつかポイントがあるので、あにきやおとうとのように他のポイントを知っている子が多かったです。

解体も決まったようですし、ついに給餌中止です。

長い間本当にありがとうございました。



この辺りのポイントはどんどんなくなり、残すところはここだけです。


201810161934350b7.jpg


フードは良い感じになくなっています。来てくれていますように。


一通りセットしたらば、赤間さんのシェルターに向かいます。


まず、見せていただいたのがこの子。

201810161935387ef.jpg


20181016193541891.jpg
間違えてフラッシュ炊いちゃったの。ごめん。



みはるちゃんのおうちのカメラに写っていた子です。

みはるちゃんの家もついに解体が決まり、

保護しなくっちゃ!!!と思っていたのです。

みんなで繋いできた命です♪

お隣のポイントで保護してくださいました。ありがとうございます!

若い子のようで、人間なんてモー恐ろしくってシャーシャー!

最強。

きょう君再来か。

きょう君は、本当にシャーパンチが激しい子でした。

でも、でれでれのあまあまちゃんになって、里親さんちでふくちゃんという優しい名前になって幸せに暮らしています。

だから、きっと、この子だって・・・。きっと。

余裕があれば引き取りたいのですが、子猫に里親さんが見つからなくって・・

うちで!と言い出せにゃい。。。



そして、散歩のお手伝いをさせていただきました。


20181016193432a6a.jpg
ちゃこちゃん(だっけ)初めまして~^^


ダックス、足短ーい。結構早く歩けるのねー。かわいいー♪



ルンルン気分でお散歩をさせていただいてますが、すぐそこは帰還困難区域です。。


2018101619342540d.jpg




この日は葛尾にも行く予定でいましたが、2日前にたけちゃんが行ってくれているようなので行かず、

第二シェルターの方にもお邪魔しました。


赤間さんのFBで頻繁に紹介されている3人組のボラさんとご一緒させていただきました。

初めましてです^^

快く一緒にお散歩してもらいました^^


2018101619342962f.jpg



秋田犬のつむぎちゃんです。

大きいです!

こんな大きい子のお散歩は初めてです!

とっても良い子でした!お散歩上手🎵

うちの子達とは大違い(笑)






こまちちゃんです。


2018101619342662d.jpg



柿が大好きなんだそうで、バリバリ食べます。渋いのも食べます🎵

この笑顔。

私が取れたての柿を持ってたんですよね🎵

それくれるんでしょ?の笑顔ですw




20181016193422087.jpg
そっくりさん。親子だそうです!どっちがどっちかな、、こまちちゃんが子供かな?





20181016193349210.jpg


201810161933464f7.jpg
美味しい柿🎵同じ木でも渋いのと甘いのがあって、ロシアンルーレットのようでした(笑)


201810161934236f3.jpg
こみぃは食べませんでした~




格好いいハスキーちゃんもいました!


20181016193342e3f.jpg



赤間さんのところのワンコたちはみんな良い子なんですけど、

保護された当初は慣れていない子も多く、

赤間さんがじっくり時間をかけて愛情を注ぎ、信頼関係を築いてくれて穏やかになっていくようです🎵


犬の気持ちが良くわからない私からすると、「超尊敬」です!



お昼くらいにおいとまして、給餌に回ります。




Tさん宅、最近いつもこんな感じらしい。

20181016193338da1.jpg



派手にやられたので、派手に固定しました~

20181016193341296.jpg


PPバンド久しぶりに使いました!

でも、案外弱いのでダメだと思います。。

フードが猫の口に入りますように。。




太田さんのblogでいつも大騒ぎなポイント。



20181016193346a6b.jpg


毎回Gがいるそうなんですよね。

私は遭遇したことなかったのですが、今回は、、

笑っちゃうくらいいました~w

あはは~




みけこやかーりー、ほくと、ほーりーのポイントもとうとう解体が決まってしまいました。

あの辺りで餌場はあそこだけでした。

震災の年の夏は多くの命が亡くなりましたが、

それでも諦めずフードを運び続けて、多くの命が繋がった場所です。

前回のカメラチェックでは猫は確認されていないようですが、今一度カメラを掛けました。

猫はいませんように。






そうこうして、日没。


捕獲器の方はダメでした。


夜にならないと動かないんですよね。

次回行けるときはカメラを用意していきたいと思います。





帰路。

とにかく中郷まで行く!


20181016193339695.jpg


エネルギーチャージして友部まで行く。

21時就寝!

6時起床!

寝すぎ❗


傍らにはまたまた呆れている彼がw

20181016193336ae5.jpg
いい加減起きたら?




あー、6時には家に到着している予定でした( ̄▽ ̄;)


20181016193335a8b.jpg

8時過ぎに帰宅。

浪江を出てから15時間。。



今回は、かつらお動物見守り隊として福島に給餌にも行ってくれている、いつものSさんと我が家初めてのTさんが手伝いに来てくれていたので安心して家を空けることができました❗


庭がすっきり~


ありがとうございました🎵


  1. 2018/10/20(土) 17:20:25|
  2. アニマルレスキュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「やっと会えた黒白ちゃん、、」

3月の終わりにごみ置き場でうずくまって動けなくなっていた、ぎんが君を保護した。

20180921162009e41.jpg
里親様宅にいます♪



その2週間後、

TNRをした猫達にご飯をあげてくれているお宅で、同じくらいの大きさの子を発見。


20180921162010125.jpg
こうが。これでも成猫でした。里親様宅にいます♪


もしかしたら一緒に遺棄されたのか・・。

肉球は相当歩き回った感じで、ガリガリ。

2週間も彷徨わせてしまった。




近所の人の情報で、最初のぎんが君が遺棄された現場で、

この茶白のこうが君ともう一匹黒白の子がいたのを子供が見たらしい・・と。

こうが君がご飯を食べに来ていた場所には来ていない。

近所に聞き込み、捜索。


いない。


いない。



どこかでご飯をもらえてるといいんだけど。


月日が経ち、

夏前くらいからうちの近くで黒白の子を見るようになった!


うちの庭を通りかかることもあって、うちの庭に捕獲器をセットするも入らない。


夜になると、うちの前の道で見かけることしばしば。

そのたびに、慌てて捕獲器を持っていくも入ってくれない。



うちに手伝いに来てくれたKさんが、どこそこで見たと。


そっち?


私はてっきりみつる君と一緒に子猫一家の家でご飯を食べていると思っていたから、予想外!

子猫一家がいたお家で聞くと、食べに来ていない・・と。

やっぱりそっち?


このあたりの猫、山から来て、山に帰る。

ずっと不思議だった。

怪しいお宅が一軒。


行って話を聞いてみると、

なんかねー、裏山に良く猫が来るんだよねぇ。
黒白の子ね。1か月位見てないけど、来てたねー。



え。。。



なんで、ここ。。




やっぱり、こっちなんだ!


私が出かけている間にKさんが、黒白ちゃんを見かけたお宅に捕獲機設置の許可を取ってくれました。


翌日(9/11)、大雨の中、


20180921162009b79.jpg
セットしたときは降ってなかった。



仕事に出かけていた4時間ほどの間に入ってくれました。

20180921162006467.jpg



ここだったのね。。


やっと、会えた。

良かった。待たせてごめんね。



20180921162002894.jpg
シャーシャー



彷徨わせてしまった数か月、怖い思いをしたのでしょう。


シャーシャー。


201809211620046b5.jpg
りこちゃんです!


すごく小さくてガリガリで、ものすごい食欲です!


少しずつ慣れていこうね。


201809211620025ff.jpg



突然猫が現れて、山から来て山に帰る「不思議」。


謎が解けました。


そして、この子たちの悲しいお話も。




夜逃げ13頭置き去り現場ですが、

道路だと、我が家から1キロくらいです。

でも・・

山の中や川を来れば、置き去り現場からうちの集落までは、

おそらく、わずか300メートルくらいです。。



裏山に猫がよく来るお宅は、山から道路に出る最終地点のお宅。


山から猫が来るわけです。



そして、置き去り現場では、

黒白の子と茶白の子がいつも一緒にいて、

置き去りされたお宅で、帰らぬ主をずーっと一緒に待っていたのだそうだ。

しばらくして姿を見なくなったそうです。


この黒白ちゃんと茶白ちゃんが、

りこちゃんとこうが君の可能性が出てきました。

もしかしたら、茶白はみつるなのかもですが、目撃情報からりこちゃんとこうが君の可能性あるあるです。


こうが君は保護時1.9キロ。成猫でした。

預かり様宅で、なんでも漁って食べてしまっていました。

肉球は、どんだけ歩き回ったんだ・・って感じでした。

飢えを経験、生き抜くためにさ迷いさ迷い、うちの集落まで来てくれました。

実際は、うちの集落を越えて、もう一つ遠い集落での保護になります。

そちらには、餌場が2か所あるのです。

りこちゃんは、なんでうちの集落にいたのかわからないですけど。

山最終地のお宅の方が、

やっちゃいけないんだけどさー、かわいいから、ご飯あげちゃってたんだよねー。

って、言っていたので、

こちらに住み着いてくれたんだと思う。




ある日突然、大好きな人と、ご飯がなくなった時の悲惨さ。


生きるために、彷徨う。


夜逃げ置き去りが隣の集落であったと知って、Aさんが近所の人にいろいろ聞いてくれて、

いろんなことがクリアになってきた。





小さい命には何も罪はないのにね。






結局、そうだとすると、ぎんが君は別口だったのだろうか。。

肉球綺麗だったし、状態良かったしね・・・。

でも、里親様宅で何でも漁って食べるって言ってた・・。

なんだろ・・。




  1. 2018/09/21(金) 17:12:25|
  2. アニマルレスキュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Twitter

猫のこと、ダンスのことをつぶやいています^^

くな

2003年7月生まれ 女の子      手のひらサイズの時に道にうずくまっているところを保護。 夜10時に動物病院のチャイムを鳴らし、その後2週間ほど入院。一命を取りとめて元気に成長中♪ とても甘えん坊。私のストーカー。 しかし、くなパンチは痛い。

ぴゅる

ぴゅ

2000年1月生まれ  女の子 後ろ足が一本ない子猫が近所の人にものすごい勢いでご飯をねだっているのを発見。たまらず、私のアパートにおびき寄せてご飯をあげて、そのまま保護。 現在はfuni助さんちの家族。 アレルギー持ちで、いつもお顔がかゆいかゆいでかわいそう。 でも、わがままっぷりはお姫様並み。3にゃんの中で一番身軽に走り回ります。好物はかつおぶし。鼻で飛ばしながら一生懸命食べます。 

ぽむ

2007年10月生まれ  男の子 教え子が公園で保護。そうだ!funi先生猫好きだ~!ということで、我が家に連絡来てそのまま保護。里親を探すつもりが手放せなくなり家族の一員になる、ラッキーボーイ。。 やんちゃくれ。くなちゃん、大好きっ子。

funi(書いてる人)

猫好き・カフェ好き・舞台好き・・

funi助

ぴゅるとうちゃん。

カウンター

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

リンク

*公園のネコたち

お気に入りのshop

meowlogo.gif 20081028125309.gif 20081207051621.jpg

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

*******